初入院。。。TーT   

c0138908_12162376.jpg

幼稚園発表会が終わってから、いつも元気なtakuが、夕方になったら発熱・・・の日々が4日続き、比較的元気だったのでうちで様子を見てましたが、5日目の朝から40度近い高熱にはさすが怖くなって、行きつけの小児科へ。

マイコプラズマ肺炎との診断。
でも、3日間の抗生剤も効かず。
3日目にもまだぐったりしていたので小児科へ電話するも、あと一日様子見ましょう、とのことで取りあえず解熱座薬を。
抱っこかソファで寝ているばかりの4日間だったけど、ぐったりどころか顔が時々ひきつり、ケイレンしながらの咳、笑顔どころかコトバも出ず。呼びかけにも目を動かすこともなく、悪化するばかりが目に見えて判ったので、再度小児科へ行くと、念のためインフルエンザの検査と血液検査を。

結局、マイコプラズマ肺炎は間違いなく、それどころか抗生剤が効かないところをみると、他の最近も肺で悪さをしているとのこと。
しかも血液中の酸素濃度がすごく低くなっているとのことで、家に帰らず(!)即紹介状を持って入院設備がある大きな病院へ行ってくださいとのこと。

この日は本当に大変でした。
kanoの降園時間にも間に合わず、shu-ももちろん事情もわからず誰も居ない家に下校してくる・・・

携帯フル活用でした><
本当にいろんな人に助けてもらいました。
イロイロ泣きそうでしたTT
takuの笑顔を取り戻せるのか、、の不安が一番あったけど
降園してくるkanoを笑顔で迎え、家で下校してくるshu-を『おっかえり~~!!』と迎えることを、朝は当たり前のようにできると思って送りだしたのに。。。。。
お帰り~と迎えてあげることが出来なくて、不安にさせてしまう切なさが込み上げてきたり。
入院当日二人のことは本当に身近なお友達が助けてくれました。
パパが帰ってくる夜まで。

6日間のずっと点滴(初日は酸素マスクも)の入院生活は小さな体にはかわいそうだったけど3日目にはやっと笑顔も見ることができ、やっと快復の兆しを感じました。
そこから一日毎の快復は早かった~><*


24時間付き添いの私にとって救いだったのは、自転車でも行ける距離の病院だったこと。
かろうじて空きがあり、近くの病院に入院できたことが本当に救いで、毎夜、早めに帰ってきてくれるパパといったん交代で、帰宅してshu-とkanoに会い、お風呂に入ってまた病院に帰ることができてました^^

岐阜からまる一週間急遽助けにきてくれたお義母さんも、今パパとshu-とkanoが東京駅まで送りに行ってます。

母弱し。。。何回も思いました。
いざ何か起こったときに強くあるべき母なのに・・・TT
今回のことで多少は強くなれてますように。。

それにしても私は子供の自らもっている治癒力を信じて出来る限り病院は避けていますが、今回のことで見極めが難しいなぁ。。。とつくづく思いました。ずっとわが子を身近で見て知り尽くしている母でも。
でもあの時、フライングしてでも再度病院に連れて行ってよかった、連れて行っていなかったらどうなっていただろう、と思うと未だに怖いです。


まだまだインフルエンザばかりか、溶連菌も水ぼうそうも周りでは流行っていると聞きます。
takuのように免疫の落ちている方も多いと思います。。。こんなときこそ最大限のご用心を。。。><
皆さまもお気をつけください><

c0138908_13362254.jpg

[PR]

by ruriiro-skt | 2012-02-18 13:36 | かぞくのこと*

<< 初しちりん焼き。 並べる・・。 >>